はるもにあの畑は北陸・富山の山あいにあるちいさな田畑

  

小さな田畑ですが、年間を通すと

約100種類前後の野菜、

3種類のお米が自然農で育っています

(2017年はお米の種類が9種類に増えます)



自然農ってなあに?

 

自然農の田畑の基本は

耕さない・虫や草を敵としない・農薬や肥料を用いない

 

****

耕さない田んぼってどうするの?

そもそも何で耕さないの?

草が生えたら野菜の栄養が吸い取られちゃうでしょ?

肥料がないと育つわけないじゃん!

****

 

その答えは

自然の営み・命の営みの中にありました

 


耕さないから、豊かになる

 

 

自然農では、お野菜やお米が育つお家「畝(うね)」は、最初に一度だけ作ります。

その後は何年もその「畝(うね)」を使い続け、作物ごとに「畝(うね」を作り直すことはしません。

 

収穫を終えた作物は、時にそのままに、時に刈り倒し(でも根っこは抜かずに)

その足元に新しい種を降ろす、苗を植える

草も、必要に応じ刈り取って(でも根っこは抜かずに)その場に置いていく

虫や小さな生き物もそこに生きて、死に、その死骸も一緒に積み重なる

 

そこには環が生まれ、その場に応じた命の営み

命の営みはゆっくりと確実にその場を豊かにしていく

それを壊さないよう、耕すことはしない

耕さなくても大丈夫!

無理はしない、自然の営みに任せてみよう

 

耕さないから、豊かになる

 

 


草や虫との付き合い方

 

命の世界に、余分なもの・邪魔なものはない!

 

 

草は太陽をその身に蓄えて、空気中から栄養を取り込んで

見えなかったものを形にして残してくれる

その場に必要なものを作ってくれる

 

草は、小さな生き物たちの住処になってくれる

日陰を作って、沢山のいのちを守ってくれる

 

草はその根っこで、土の深いところまでを耕してくれる

根っこが腐った後は、素敵なお家

目には見えない生き物たちが暮らし始めるよ

水が通る道にもなるね

 

でも、田畑は作物を育てるのが大事な目的だから

風が通らないようになったら刈らせてね

日が当たらないようになったら刈らせてね

ありがとう、ありがとう!!

 

 

虫さんには、虫さんの命の営み

増えたら減って、減ったら増えて

みんなでバランスをとりながら生きているのだね

 

ミミズ、おけら、天道虫、とんぼ、かまきり、みつばち

葉ダニ、アブラムシ、あり、根切り虫、ちょうちょ

ウリハムシに、カメムシなどなどなど・・・・

 

沢山の虫たちが暮らしていることは

はるもにあの畑の自慢の一つ

沢山の虫たちに氣にいってもらえて大変光栄に思います

 

お付き合いの仕方が難しい時もあるけれど

工夫と知恵で、乗り切ろう

 

 

 

 

小さな草に咲く花や

朝露を乗せた草の美しさ

畑のあちこちで見かける虫たちのかわいらしさ

 

草も虫も一緒にあるからこそ感じられる喜び

沢山の命があるから生まれる調和

 

色々な命が、ともにいることが

望まれる

求められる

ゆるされる

そんな未来をここから作ろう

 

 

 


足りない分だけ

草が

虫が

雨が

太陽が

風が

雷が

必要なものを全部与えてくれる

 

「早く!早く!!」

「もっと、大きく、もっと大きく!!」

「もっと沢山、まだまだ足りない!!」

そう思う氣持ちをちょっと手放してみる

 

大丈夫

お野菜もお米もちゃんとそれぞれに育っている

 

もっともっと、と思う私たちが自然からずれちゃっていた

そう氣がつく

 

「ありのまま」ってどういうことか

「自然」ってどういうことか

考えるきっかけをくれる

 

 

考えながら「足りない分」を米ぬかで補う

いつかは、それもいらなくなるだろう

自分の欲と向き合いながら

元氣に育つことを願って

そっと米ぬかをまく

 

 

 

 

 



自然農について知りたいとき

 

川口由一さんをはじめ、多くの自然農の先達が著された本があります♪

どうぞ、ご覧になってみてくださいね!

 

妙なる畑に立ちて 川口由一著(野草社)

自然農にいのち宿りて 川口由一著(創森社)

自然農という生き方~いのちの道を、たんたんと 川口由一・辻信一著(大月書店)

畑から宇宙が見える~川口由一と自然農の世界 新井由己著(宝島社)

 

などなど・・・・

 

私たちは、田畑に立つことを通じて、また本を読むことを通じて、そして自然農の学びの場に参加することを通じて、より深く自然農、いのちの世界について学んでいきたいと思っています。

 

 

もしあなたが自然農の田畑に立つことを望まれたときは、

お近くに学びの場がないか探してみてくださいね☆

意外と近くに、あるかもしれませんよ!

 

リンク先も参考になさってください♪(只今作業中です)